頭領は大切(蛙の国王)

2015/01/31

頭領は大切(蛙の国王)

 諸君!次にお話しますのは、少しばかりの事を楯にして、
国の支配者を換へてはならぬと云ふ事を誡めたもので、何
でも此の話を作つた頃には、アゼンスと云ふ都に、之とよ
く似た出来事があつたと云います。
 池や水田の中に棲んで居る蛙共が、或時大勢集つて、会
議を開き、今度いよゝゝ蛙の国に、王様を立てることゝな
りました。
 只さへ喧しい蛙共が、一国の大事件を相談するので、其
騒動は一ト通りではありません。さて相談が纏りまして、
蛙共は天に向ひながら、
「恐れ乍ら神様に申し上げます。何卒私共の仲間に、王様
を一人お授け下さいますやうに。」
と、頼みますと、神様は生意気なことを云ふ蛙だと思召し、
わざと一本の丸太を取つて、
「さァこれがお前達の王だ。大切にせよ。」
と、水の中へ投げ込みました。
 蛙共は、この水音に驚いて、皆急いで水の底に匿れまし
たが、やがて浮び出て見ますと、丸太が一本浮いて居ます
から、
「何だこれが王様かい。変な王様じゃないか。」
と、暫く其周囲を取り囲んで、ワイヽヽ騒いで居りました
が、しまひには此の王様を馬鹿にして、上へあがつて躍り
回ります。
 けれども丸太の王様は平気なもので、背中へ乗られても
足を踏まれても、一口も小言を云ひませんので、蛙共も張
合抜けがした様に、
「何と云ふ意気地なしだらう。馬鹿な王様は始末に負へな
い。」
と、かう考へまして、又もや神様に願ひ出ますと、神様は
暫く考へて、
「ぢやァこれをやらう。」
と、一羽の鶴をお下しになりました。
 所が鶴は蛙が大好きですから、王様になると直に蛙を捕
つて、片ッ端から食ひかけました。蛙も之には大きに困つ
て、
「神様!神様、今度の王様は私共を食ひますから、別のと
取り換へて下さいまし、若し夫れが出来ませんのなら、寧
そ元の丸太を下さいませんか。」
と、勝手なことを云ひますと、神様は言葉厳かに、
「ウン、それがお前達の望みか。然し馬鹿者は馬鹿者相当
の、罰を受けて居るのがよいのぢや。」
と云つて、少しもお取り上げになりませんでした。
(イソツプお伽噺 三立社, 1911)



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1105kei

Author:1105kei
FC2ブログへようこそ!