薬学士を「権威」とありがたがる眉唾(Excite翻訳)

2015/08/15

アール・ミンデルが主要な栄養エキスパートであるというアイデアは不合理である。彼の唯一のまともな証明書は、1963年にノースダコタ州大学から調剤程度の理学士号である。彼の「博士号」は、1985年に、パシフィックウェスタン大学、する不信用であった通信教育学校から、認められている科学の立ちを全然得なかった。彼の植物学者卒業証書は、1995年に、不信用であったドミニオンハーブ大学から得られた。1970年代とアール・ミンデルの間に、ビバリーヒルズの大学からの栄養の「博士号」、キャンパスまたは実験室施設を欠いた不信用であった学校を取得した。プロジェクトのための彼の付属する相談係は、ジェームズJ.ケニー、博士号、R.D.、サンタモニカ、カリフォルニアのPritikin長寿センターで何年もの間働いた本物の栄養エキスパートであった。アール・ミンデルに個別指導する間、ケニーは、それが400を超えるエラーに含んでいたビタミン・バイブル原稿および話されたアール・ミンデルをレビューした 重要であった100より多く 。ケニーによると、エラーのほとんどは、出版された版[7]に繰り返された。彼の2番目の不信用であった程度を取得した後に、アール・ミンデルは、彼の最初のものに言及するのをやめた。

The idea that Mindell is a leading nutrition expert is preposterous. His only respectable credential is a Bachelor of Science in Pharmacy degree from North Dakota State University in 1963. His "Ph.D." was obtained in 1985 from Pacific Western University, a nonaccredited correspondence school that has no recognized scientific standing. His herbalist diploma was obtained in 1995 from nonaccredited Dominion Herbal College. During the 1970s, Mindell acquired a "Ph.D." in nutrition from the University of Beverly Hills, a nonaccredited school that lacked a campus or laboratory facilities. His adjunct faculty adviser for the project was James J. Kenney, Ph.D., R.D., a genuine nutrition expert who worked for many years at the Pritikin Longevity Center in Santa Monica, California. While tutoring Mindell, Kenney reviewed the Vitamin Bible manuscript and told Mindell that it contained over 400 errors, more than 100 of which were important. According to Kenney, most of the errors were repeated in the published edition [7]. After acquiring his second nonaccredited degree, Mindell stopped mentioning his first one.

Class-Action Suit Filed against FreeLife and Earl Mindel
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1105kei

Author:1105kei
FC2ブログへようこそ!