薬学士を「権威」とありがたがる眉唾(Yahoo!翻訳)

2015/08/16

アール・ミンデルが主要な栄養の専門家であるという考えは、不合理です。 彼の唯一のふさわしい証明書は、1963年のノースダコタ州立大学の薬局学位の理学士です。 彼の「博士号」は、パシフィックウェスタン大学(認められた科学的な地位がない非公認の通信教育学校)から、1985年に取得されました。 彼の植物採集者卒業証書は、非公認のドミニオンハーブ大学から、1995年に得られました。 1970年代の間に、アール・ミンデルは、ビバリーヒルズ(キャンパスまたは研究所施設が不足した非公認の学校)大学から、栄養で「博士」を得ました。 プロジェクトのための彼の補助学部指導教官は、ジェームズJ.ケニー博士、R.D.、長年サンタモニカのPritikin長命センターで働いた本物の栄養の専門家、カリフォルニアでした。 アール・ミンデルに教えている間、ケニーはビタミン・バイブル原稿を批評して、それが400以上のエラーを含むとアール・ミンデルに話しました。そして、そのうちの100以上は重要でした。 ケニーによると、大部分のエラーは、発表された版[7]で繰り返されました。 彼の第2の非公認の程度を得た後に、アール・ミンデルは彼の最初のものに言及するのを止めました。

The idea that Mindell is a leading nutrition expert is preposterous. His only respectable credential is a Bachelor of Science in Pharmacy degree from North Dakota State University in 1963. His "Ph.D." was obtained in 1985 from Pacific Western University, a nonaccredited correspondence school that has no recognized scientific standing. His herbalist diploma was obtained in 1995 from nonaccredited Dominion Herbal College. During the 1970s, Mindell acquired a "Ph.D." in nutrition from the University of Beverly Hills, a nonaccredited school that lacked a campus or laboratory facilities. His adjunct faculty adviser for the project was James J. Kenney, Ph.D., R.D., a genuine nutrition expert who worked for many years at the Pritikin Longevity Center in Santa Monica, California. While tutoring Mindell, Kenney reviewed the Vitamin Bible manuscript and told Mindell that it contained over 400 errors, more than 100 of which were important. According to Kenney, most of the errors were repeated in the published edition [7]. After acquiring his second nonaccredited degree, Mindell stopped mentioning his first one.

Class-Action Suit Filed against FreeLife and Earl Mindel
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

1105kei

Author:1105kei
FC2ブログへようこそ!